17世紀への旅
内乱の世、マザリナード文書という事件

1648年から1653年にかけて、フランス全土を危機に陥れた「フロンドの乱」
その内乱で揺れる社会に出現した「マザリナード文書」は、それ自体が出来事であり、フロンドの乱という歴史的事件の一部に他ならない

1649年 GRIM アレクサンドル・デュマ アンヌ・ドートリシュ エルブフ公 クレマン・マロ コティネ コンデ親王 ゴネスのパン サン=ジェルマン=アン=レー シャトレ シャラントン チャールズ1世 チャールズ1世処刑 テ・デウム パリ パリ封鎖 パリ高等法院 フロンドの乱 フロンド派貴族 ボーフォール マザリナード モリエール モルロ ランス ラ・ロシュフーコー リュエイユ レオポルト大公 レ枢機卿 ロングヴィル ロングヴィル公爵夫人 ヴィヨン 二十年後 公現祭 印刷業 印刷業者 取り締まり 和平 和平交渉 地下出版 帰属 清教徒革命 監獄 著者 計量文献学